複数のサイズの袋が必要

食品に合ったサイズ

包装する時に、小さい袋は使わないでください。
それでは食品が入りませんし、無理に入れると袋が壊れたり、食品が傷ついたりする可能性があります。
だからといって、大きな袋に入れることもおすすめできません。
食品よりも大きな袋だったら簡単に入るでしょうが、余分なスペースが余ってしまいます。
すると寂しく見えますし、お客さんから見ると貧相だと感じるかもしれません。

あまりメリットがないので、ベストなサイズの袋を選択しましょう。
サイトで扱っている食品の大きさに合わせて、様々なサイズの袋を用意する必要があります。
新商品を扱うことになったら、必ずそのサイズに合う袋があるのか確認しましょう。
なかった場合は、すぐに用意しください。

定期的に補充すること

袋がなくなったら、お客さんに食品を届けることができなくなってしまいます。
それでは困るので、常に袋がどのくらい残っているのか確認してください。
袋がなくなったからと、包装しないでお客さんに届けることは絶対にしてはいけません。
そのまま段ボールに入れると輸送中に食品が傷ついたり汚れたりしますし、衛生的に悪いです。

安い価格で袋を販売しているお店もあるので、大量に購入してもそこまで出費に感じません。
事前に、たくさん用意しておきましょう。
半分ぐらいになったら、その時点で補充することをおすすめします。
まだ良いと思っていても、急にお客さんからたくさんの注文が入るかもしれません。
その時に、袋が足りなくなる可能性があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る